旧 茨城県立東海高等学校吹奏楽部OB会

tokaibrass.exblog.jp ブログトップ

お知らせ(2011.4.1)

東日本の大震災から3週間が過ぎようとしております。 
OB会の皆さん、自分の生活は戻りつつありますか?
11日のショックがトラウマとなり、車が通る度ゆれる我が家では、また地震か!?と多少過敏になっています。
それでも、元気にしていますが・・・

さて、毎日被災者の悲惨なニュースや福島第一原発の進捗状況をみていると、自分達はまだ、マシなほうだなと感じます。 
そんな中、会員から東海海高校吹奏楽部OB会として、何か支援活動は出来ないでしょうか?義援金は?という思いや提案を頂きました。確かに自分も東北地方で苦しんでいる方々の報道を見るたび心が痛んでおりました。 

役員や連絡をとれるOB数名に会員の思いを伝えてみました。
すると、まだまだ自分達の生活のリズムを戻せていない、自宅の修理に数十万のお金がかかる、私の会社は旅行会社なので、4月いっぱいすべての旅行がキャンセルになり、また飲食業では、歓送迎会が取り止めになるなど、自粛ムードは広がる一方です。
今後職場を存続できるのか?という、不安な気持ちをたくさん聞きました。
被災者への思いを募らせながらも、我々も被災者なのだという事に気づかされました。

母校のHPをご覧になって、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、今年の入学式の会場変更や離任式の未定、新学期開始の時期の予定がつかないなど、学校のいたるところに震災の爪あとが残っていて、意外に身近にも、支援をしなければならないこともあるようです。

今後、長いスパンで支援活動は必要となり、一過性のものではなく自分達の生活をしっかり取り戻せたら、OB会としても何か被災地、被災者の力になれることもあると思います。
その時期になって、自分が、私がリーダーになって活動をしてみたい、こんな事ができたら良いのでは、といった提案や皆さんの忌憚の無いご意見を頂けたら、大変うれしく思います。
 
    そして、いま自分が出来る事を考えてみましょう。 

現役生が、日頃の練習の成果を発表できる場を探してみる、それによって落ち込んだ人たちも現役生も、音楽を通してお互い元気を取り戻してもらう
自分達には物資や金品の支援以外に、心のケアなど形ではない支援活動もあるかも知れません。 

今回、ご提案と思いを寄せていただいたOB会員には、すぐ行動を起こせなかった事に、大変申し訳なく感じております。

                                              OB会 会長  藤田 和浩
[PR]
by tbbcob | 2011-04-01 20:21 | TOPICS
line

茨城県立東海高等学校吹奏楽部OB会の旧ブログです。上のQRコード利用で携帯からも見られます!


by tbbcob
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30