旧 茨城県立東海高等学校吹奏楽部OB会

tokaibrass.exblog.jp ブログトップ

OB会会長 齊田俊之からのメッセージ

親愛なる吹奏楽部顧問、現役部員、そしてOBOG の皆様
茨城県立東海高等学校吹奏楽部と茨城県立東海高等学校吹奏楽部OB 会は、今や切っても切れない関係にあり、これまで以上に共生しなければならないと思います。1977 年の吹奏楽部創部から30 年という月日が流れ、内部の事情も時代と共に変化しました。価値観や核心にあるものがその世代のシンボルと言っても過言ではありません。同じ吹奏楽部とはいえ各年代においてスタイルは区々です。しかし、いつの時代にも共通していえることは、音楽に魅せられ、音楽の魔法にかかった若人たちが集う場所は、いつもあの音楽室だったということです。
一方、1980 年に吹奏楽部の卒業生によって設置されたOB 会は、近年活動休止の時期が数年続き文字通り転換期を迎えました。そこで私はOB 会の在り方を原点に戻って見つめ直し、OB 会の再編成(会員の整理、会則改定など)を行うと共に、ひとりのOBOG として自分に何ができて何ができないか、ということを考えました。やはり愚直に、その第一歩は音楽室へ足を運ぶことだと思います。OBOG の皆様自身が現役だった頃をあの場所で思い出してみてください。そこに新しい発見があり、そこから新たな一歩が踏み出せるかも知れません。
8 月からは9 月の定期演奏会へ向けての練習が始まります。現役部員とOBOG の皆様がどのように相互作用を及ぼしながら、自分たちのもっている音楽、ほかにはない音楽――東海サウンド――を創り出していくのか楽しみです。この定期演奏会は、吹奏楽部およびOB 会に関わるすべての人間にとって特別な意味をもっています。なぜなら、定期演奏会はこれまでの集大成であり、3 年生の華やかな引退への花道です。
音楽は時の流れを超えて存在する芸術です。音楽は過去から未来へと語りかけます。これまで音楽をもたない人間文化が存在したためしはありません。音楽は必要不可欠なものですが、それは単に生きていくためでも、娯楽のためでもありません。音楽が私たちを人間的にするのだと思います。
親愛なる吹奏楽部顧問、現役部員、そしてOBOG の皆様と今日一緒に音楽ができることの喜びを心から感謝申し上げます。
[PR]
by tbbcob | 2008-03-31 09:33 | OB会概要
line

茨城県立東海高等学校吹奏楽部OB会の旧ブログです。上のQRコード利用で携帯からも見られます!


by tbbcob
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30